| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
治療日記その1「指、切っちゃった!!」
こんばんわ。ルネアです。

今回の記事は、痛いので。

グロテスク表現。

心臓の弱い方。

痛いのが嫌な人とは、

読まないことオススメします。


興味がある人だけ、

続きを読んでください。

ただし、その後、

気持ち悪くなったといわれても。

責任もちません。もてませんw

そこは、自己責任で

よろしくおねがいしますー。
さて、ここを見たということは、覚悟はできてますね?


責任持ちませんからね?w


それは、今日のお昼の仕事中におきました。


今日は仕事すくないみたいやなー。
今日は楽できるかもー。
と、ちと機嫌がよかったルネアさん。

いつも保育園から頼まれる別途注文の品もはやくに集められ、
キャベツとか、大根とかの仕込み(2分の1とか)をつくるために、
包丁を持ったのです。


まずはキャベツから~と
一玉もち、
ヘタのほうが、ざっくりーと
包丁をいれるルネアさん。

そのとき、左の親指に違和感が。

なにかがそげおとされたよーな・・・・・・・


気づいたら、親指をすぐに口にくわえた私。
私の異変に気づく、パートのおばちゃんと、
上司と新人君。

「ルネアさん、どうした?」

私は指くわえたままだから喋れない。
でもこういう行動するのは、他の人も経験あるみたいで、
みんなの意見は一致する。

「指切ったんか!」

無言で頷きつつ、私はすぐに、流し台にいき、
くわえてた親指をだしてみる。

口にくわえてた=口の中は血の味満載。
なので、どれだけ出血酷いのかがわかる。

そして、傷口みたときに、ちとじぶんでくらっとした。
てか、まともにみれなかった。

・・・親指の先ってふつう丸いじゃないですか。

まるくなくて、平ら・・・
なにか白いものがみえてたよーな・・・。

そのあとすぐに血がでてきたので、
パートのおばちゃんにバンドエイドはってもらったけど。
真っ赤になった((((;゜Д゜)))

「だれか、輪ゴムとって、止血する!」
パニックになってたとおもう私だけど、
じつは周りのがパニックになっていたのかもしれない。
私の言葉にいそいで輪ゴムさがしにいく新人君。
だけど・・・、輪ゴムと反対方向にいったーw

みかねたおばちゃんが新人君かえってくるまでに、
輪ゴムをとってくれて、とりあえずの止血。
そしてテッイシュでくるくる親指つつんで。

そしてそこでやっと皆から、
「病院いかないと!」
ここまでたどり着くに五分はあったかもw


おばちゃんに近くに外科があるからいってこいといわれたけど、
最初説明きいてもどこに病院あるかわかってない私w
しかたないので、本当なら休みなのに丁度いあわせちゃった
上司に、車でつれていってもらうことに。

そして、車で三分もかからない所に病院はあった。
だけど、丁度一時頃。

お昼休みの時間なんですよ。

「急患なんですが、みてもらえますか」って上司がきいてみるも、
出てきたのが看護婦さん一人。
「先生は今休憩中で、二時半にならないと帰ってこないんですよ」
うわーい。やっぱりいないのかよw

「あちらの病院なら見てもらえるかもですねー」と
別の病院おしえてもらい、
そちらに行くことに。
その間に、看護婦さんから新しいガーゼとかもらう。
まだ血は止まってませんでした。

さらにそこから車で五分くらいいったところの病院に
かけこんでみるも。
やっぱりそこも休憩時間。
ひとがいないのかなとおもっていたけど、
夜間入り口から、はいってみると、
人の声がする。
上司が二階にあがってみると、
入院患者さんがいたらしい。
「病院の関係者さんはいませんか?」ときいたら、
掃除のおばちゃんがでてきたw
掃除のおばちゃんに事情説明すると、
「看護婦さんに連絡するので、下でまってて」と
下におりてみると・・・

「急患って貴方ですか?」と看護婦さん登場。
って、出てきた場所が、夜間入り口からすぐそばの部屋・・・

あんなところに部屋あったのかよーーー(;´ρ`)

と、内心おもいつつ、症状説明。
すると
「すぐに院長に連絡しますね。もうすこしまっててね」と
やっと、見てくれる先生を発見。

ここでまたガーゼ交換。
やっぱりとまってなくて。
しかも、血流れて下に落ちた∑( ̄□ ̄;)
エプロンに血ついたーーーヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

新しいエプロンもらうか・・・。

そして十分くらいまち、
そろそろ止血のため、親指を押さえてる右手に
感覚なくなってきた頃、
やっと院長先生登場。診察開始。

診察してすぐ、「あ~」とつぶやく先生。
ちょ…それなんかこわいからw

見たあと、またしばらく親指おさえててねーといわれ、
診察台の上に寝て、
先生の治療準備をまつことに。

ちとここで、いやーなことを思い出す私
(そーいや、小さい頃指切ったときも、こんなふうに寝たな~・・・
あの時、すごい痛くて、泣き叫んだよーな・・・)

これもトラウマというのかしらね。
このときになって、震えがw
というか、こんなに大量の血もみたことないし、
指は痛いしで、
自分で震えてるのがわかるのが、なんかおかしかったw
血とか、大丈夫だとおもってたんで。

治療準備完了。
「ちといたいよー」といわれ、消毒。
確かに痛いけど、
まだ、我慢できる痛さ。
くってちょっと声がでる感じの痛さ。

けど、その後が・・・部分麻酔入れるときが・・・
「痛いけど我慢してねー」と先生がいい、
麻酔打つのかーとおもってたら・・・

痛い表現だけど・・・

傷口から直接注射針いれて、麻酔いれるんですな( TДT)
泣くかとおもった。まじ痛い・・・
でも、どーにか我慢しましたよ。
内心ぎゃーーーと叫びたかったけどw
予想外の痛さでした。

けどそれも最初だけで。
麻酔の速攻性はすごいですね。
すぐに痛みがひいてきました。
そして、痛みがなくなったところで、
縫う治療開始。
まったく針がはいってる感覚はないです。
糸引っ張ってる感じはありましたけど。

そして治療は無事完了。
先生に「指切っただけでこんなに血でるんですねー」といったら、
「切り方がわるい。完全に切断してるからね」と
はっきりいわれちゃいました(;´ρ`)
やっぱり、指先ないなとおもったのは、見間違いではなかったか・・・

実際、切断なので、傷口蓋する皮膚がないらしく、
縫うときもよそから皮膚を少しもってきて、覆いかぶせたそうです。
だけど、完全にふせげないらしく、1ミリか2ミリくらい、
ふさがってないんだとか。

「今日は、手さげちゃだめだからね、また出血するかもだし」
と、先生にいわれ、しばらく通院することになりました・・・


で、今現在。

痛み止めきれて、指いたくて、目がさめちゃいました・・・
薬のんで、ましにはなったけど
完全に痛みはひかないらしい(;´ρ`)


まあ、自分の不注意なので、
なんともいえない・・・w

あ、でも、仕事中の怪我なので、
労災がおりるそうです。
病院にかかった治療費も、会社がだしてくれるとか。
【やったー!】
さすがに今日は仕事にならないので、
仕事は早退。

新人君に仕事おしつけることになっちゃった。
申し訳ないことしちゃったな・・・。


皆様も、刃物を使うときは気をつけましょうw

しばらくまともにFFできねー(´Д⊂




スポンサーサイト

治療日記(´・ω・`)TB(0) | CM(1) | top↑
<<治療日記その2「怪我をすると暇」 | Home | 第43回「生まれ変わるなら、男?女?」>>
comments
いいいいいいいい(;´д⊂)

最初のほう平気だったけど
「完全に切断してるからね」でもう(;´д⊂)いー・・・


おいといて、今日はお世話になりました(´ェ`)
今後ともヨロシクであります☆リンク貼ったったー
【2006/06/25 07:22】URL | さいろく #-[ EDIT]
please comment














Only Admin
trackback
TRACKBACK URL
http://mirukes.blog3.fc2.com/tb.php/129-191d476c
| Home |


現在の閲覧者数:

FC2ブログランキングに参加中!
面白かったら
ぽちっと押してください♪

Profile
ルネアの本性とは?
知りたい人は ここをクリック♪
当ブログはリンクフリーです

無料アクセス解析
ぽわっと一言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

ルネア

  • Author:ルネア
  • まったり、ゆっくり
    ほのぼのとFFであそんでます
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。